Content - フラウンホーファー研究機構

フラウンホーファー研究機構

フラウンホーファー研究機構は欧州最大の応用研究機関であり、ドイツ国内に点在する67の研究所では、「社会に役立つ実用化のための研究」をテーマに、あらゆる科学技術分野において最先端の応用研究を行っています。健康、安全、コミュニケーション、モビリティ、エネルギーおよび環境という、人類の生活に必要不可欠な分野が対象で、民間企業や公共機関向け、また社会全体の利益を目的として、実用的な応用研究を行っているのが特長です。

ドイツ各地の67の研究所では、およそ23,000人のスタッフが活動しています。年間研究費総額は約20億ユーロで、この予算のうち17億ユーロ超が委託研究によるものです。研究費総額の70%以上が民間企業からの委託契約、さらに公共財源による研究プロジェクトから発生しています。約30%はドイツ連邦政府および州政府により、経営維持費としての資金提供が行われています。

また、研究センターおよび代表部が、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東に設置されており、国際的に活動しています。関連研究センターや各国代表部が、現在・将来の科学の進歩および経済発展に貢献する現地での重要な企業・団体との連絡窓口となっています。

フラウンホーファー日本代表部が、日本での窓口になっています。ニーズに合わせた、日本の学術機関や企業とフラウンホーファーの研究者たちとの橋渡しとして機能しています。

 

Footer