Content - 企業の研究開発

企業の研究開発

ドイツ企業はヨーロッパで最も研究開発に注力しています。研究開発費総額に占める産業界からの投資の割合は約3分の2です。企業は特に応用研究に力を入れており、フラウンホーファー研究機構ドイツ産業研究協会連合(AiF)のグローバルなネットワークと緊密に連携しながら、研究開発を行っています。環境、資源効率の高い生産、新素材などの分野において技術移転が成功しています。

ドイツ企業の研究開発費の予算総額は年間約531億ユーロです(2013年)。研究開発費総額の約3分の2(65.6%)を企業が担っており、公的機関が30.3%、外国からの投資が3.9%です。研究開発に携わる企業従業員は約35万人で、その25%が自動車産業に従事しています。研究費の企業規模別比率は、小規模企業(従業員250人未満)11%、中規模企業(250人以上500人未満)5.2%、大企業(500人以上)83.8%です。また、研究開発費の産業分野別構成比は、自動車約32%、電気工学約13%、化学・薬学約15%、機械工学約9%です。

ドイツ産業連盟(BDI)は、企業や産業関連のサービスプロバイダーのための統括組織で、37の産業連盟が加盟しており、約800万人が従事する10万社以上の企業の利益を代表しています。BDIは、政治や社会に対して提言を行い、経済政策に関する情報提供などを通して企業を支援しています。

ホームページ(日本語)

ホームページ(英語)

ホームページ(英語)

ドイツ・ビジネス・ポータル

ドイツの産業について幅広い情報を提供しています。
リンク(英語)

企業データ

ドイツ企業を検索することができます。
リンク(英語)

 

Footer