Content - ドイツ学術審議会

ドイツ学術審議会


ドイツ学術審議会は、ドイツの学術政策に関する主要な諮問委員会の一つで、1957年に設立されました。学問、研究、大学の発展に関する諸問題について、連邦政府と州政府に対して助言を行っています。また国内およびヨーロッパの学術システムにおけるドイツの国際競争力確保にも尽力しています。   

ドイツ学術審議会の助言および提言は、基本的に学術政策の二つの領域に関連したものとなっています。一つは、大学や専門大学、大学外の研究機関などの学術組織に関することです。特にその構造や性能、開発と資金調達などの問題を取り扱っています。もう一つは、包括的な学術システムに関する問題で、高度な研究と教育に関する構造的側面、および個々の分野や専門領域における計画立案、評価、統制などに取り組んでいます。  

 

 

 

ホームページ(英語)

WR website
 

Footer