Content - Workshop Resilient Cities

ワークショップ「災害に強い都市の共同デザイン」

2012年10月1~2日、国際専門家ワークショップ「災害に強い都市の共同デザイン」が東京大学で開催されました。

キール大学、ボン大学、ヴュルツブルク大学、東京大学の共催とDWIH東京の支援により実現したこのワークショップでは、新たな空間および防災のセンセプトに重点が置かれ、様々な分野の専門家が意見交換し、現在の防災対策の長所と短所を多角的に分析しました。さらに、いくつかの防災・災害関連の場所を見学しました。

詳しくはこちら

 

Footer