Content - ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2012」

ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2012」

2012年6月19日、東京のドイツ連邦共和国大使公邸にて第4回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞 2012」授賞式が開催され、5名の受賞者とそのチームメンバーが発表されました。

最優秀賞は、独立行政法人 放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 生体イメージング技術開発研究チームチームリーダーの山谷 泰賀氏(38)らによる「がん診断と放射線治療を融合するOpenPET」に贈られました。山谷博士は、世界初の開放型陽電子断層撮像法PET装置「OpenPET」を発明し、それにより診断と放射線治療を融合したシステムを考案しました。この革新的なアイデアは、安心で安全ながん治療への画期的な一歩であり、医療産業にも大きな影響を与えると考えられています。山谷博士らの研究チームには、400万円の賞金が贈られました。

優秀賞は、「グリーン化学アプローチによる革新的芳香環連結マテリアルの創製」が研究テーマの名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻化学系 教授の伊丹健一郎氏(41)に、奨励賞は、東北大学 大学院工学研究科 ナノメカニクス専攻准教授の田中 秀治氏(40)、大阪大学 大学院薬学研究科 分子生物学分野 教授の水口 裕之氏(43)、同じく大阪大学大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 教授の森 勇介氏(46)の3名に授与されました。

受賞者には賞金のほか、副賞としてドイツで研究するための渡航費および滞在費がドイツ学術交流会(DAAD)ドイツ研究振興協会(DFG)より授与されました。

授賞式は、駐日ドイツ連邦共和国大使のフォルカー・シュタンツェル氏の開会の挨拶から始まり、共催ドイツ企業10社を代表して駐日ドイツ商工特別代表のマンフレッド・ホフマン氏からの挨拶がありました。また、来賓の内閣府 大臣政務官 園田 康博氏より、「受賞された若手研究者の自由な発想こそがイノベーションの最大の源泉であり、今後日独の科学技術協力の中核となって牽引していくことを期待している」との祝辞に引き続き、小惑星探査機「はやぶさ」の開発の中心として活躍された独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) シニアフェローの川口 淳一郎教授は『「はやぶさ」が挑んだ人類初の往復の宇宙旅行、その7年間の歩み』と題した記念講演を行いました。

その後、本賞の選考委員会委員長の相澤 益男氏(内閣府総合科学技術会議 議員)より、選考過程の報告と受賞研究テーマについての紹介があり、「世界はイノベーションを生み出す多様なシーズ、創造性に富んだ多様な人材を求めており、本賞を通して、日本とドイツの研究交流が促進され、受賞者には人的ネットワークを強め、またグローバルに活躍することを期待している」と述べました。

賞の贈呈では、相澤選考委員長とホフマン駐日ドイツ商工特別代表より賞金とトロフィーが、DAAD東京事務所代表のホルガ-・フィンケン氏とDFG日本代表部 代表のイリス・ヴィーツォレック氏からは副賞が手渡されました。

授賞式後のレセプションでは、本賞のご後援をいただいている独立行政法人科学技術振興機構 統括担当理事の川上 伸昭氏より乾杯のご発声をいただきました。終始和やかな雰囲気のなか、受賞者を中心に出席者同士の歓談や記念撮影などが行われました。

 

ドイツ・イノベーション・アワード
「ゴットフリード・ワグネル賞2012」受賞者

最優秀賞
山谷 泰賀
独立行政法人放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 生体イメージング技術 開発研究チーム チームリーダー
「がん診断と放射線治療を融合するOpenPET」
チームメンバー:
吉田 英治
独立行政法人 放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター生体イメージング技術 開発研究チーム 主任研究員
田島 英朗
独立行政法人 放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 生体イメージング技術 開発研究チーム 学振特別研究員

優秀賞
伊丹 健一郎
名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻化学系 教授
「グリーン化学アプローチによる革新的芳香環連結マテリアルの創製」

奨励賞
田中 秀治
東北大学大学院工学研究科 ナノメカニクス専攻 准教授
「ウェハレベル異要素集積化技術による無線通信・センシングデバイス」

水口 裕之
大阪大学大学院薬学研究科 分子生物学分野 教授
「遺伝子導入技術を駆使したヒトiPS細胞から肝細胞への高効率分化誘導と創薬応用」

森 勇介
大阪大学大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 教授
「非線形光学結晶セシウム・リチウム・ボレートの発見と紫外レーザー光源応用」
チームメンバー:
吉村 政志大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 准教授

選考委員会(敬称略)
委員長: 
相澤 益男 内閣府総合科学技術会議 議員 / 東京工業大学 元学長

常任委員(五十音順):
岸 輝雄
独立行政法人 物質・材料研究機構 NIMS顧問、濱田 純一 東京大学 総長、藤嶋 昭 東京理科大学学長、松本 紘 京都大学 総長

主催: 
ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京、在日ドイツ商工会議所

共催企業 : (アルファベット順)
BASFジャパン株式会社、バイエル、ボッシュ株式会社、エボニック デグサ ジャパン株式会社、ヘンケルジャパン株式会社、メルセデス・ベンツ日本株式会社/三菱ふそうトラック・バス株式会社、メルク株式会社、ショット日本株式会社、シーメンス・ジャパン株式会社、トルンプ株式会社

特別協力: 
ドイツ学術交流会 、ドイツ研究振興協会

協力: フラウンホーファー研究機構、ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会

後援: ドイツ外務省、ドイツ連邦教育研究大臣、独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人日本学術振興会

 

詳細はドイツ・イノベーション・アワードのホームページをご参照ください。

ゴットフリード・ワグネル賞2012 プログラム

(PDF)

フォトギャラリー

 

Footer