Content - 日独シンポジウム「加齢と神経変性疾患」

日独シンポジウム「加齢と神経変性疾患」

2011年12月12日、ウェスティンホテル大阪で、日独シンポジウム「加齢と神経変性疾患」が開催されました。本シンポジウムは、ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京とドイツ神経変性疾患センターの共催で行われ、最先端で活躍する日独の専門家が一堂に会し、加齢と神経変性疾患をめぐる諸問題について、医学的課題だけではなく、社会的・倫理的側面も取り上げて講演および討論が行われました。医療関係者のほか、大学・研究機関や企業の研究者や政策企画決定者など幅広い分野の方々約100名が参加し、日独の学術・産業界のさらなる協力関係の深化に向けてハイレベルの交流が実現しました。

詳しくはこちら
ドイツ神経変性疾患センター所長ニコテラ教授インタビュー


パ-トナー

プログラム

日独シンポジウム「加齢と神経変性疾患」講演集

フォトギャラリー

 

Footer