Content - 後援・パートナー機関

後援・パートナー機関

本シンポジウムは、ドイツ連邦共和国大使館の後援、並びに、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団(AvH)、ドイツ研究振興協会(DFG)、在日ドイツ商工会議所(AHK Japan)、ドイツ日本研究所(DIJ)、ハイデルベルク大学京都オフィス、ライプニッツ協会、ドイツ学術交流会(DAAD)、ドイツ航空宇宙センター(DLR)、マックス・プランク協会(MPG)、ドイツ大学学長会議(HRK)、ドイツ国立学術アカデミー レオポルディーナ、バイエルン州駐日代表部、そして株式会社エヌ・アール・ダブリュージャパン(ドイツ NRW州経済振興公社日本法人)の支援を得ています。

さらに、在日フランス大使館(共催)、並びに高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)、国立科学研究センター(CNRS)、原子力・代替エネルギー庁(CEA)、国立情報学・自動制御研究所(Inria)、国立研究機構(ANR)、DATAIA研究所の支援を得ています。

また、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED)、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)、独立行政法人日本学術振興会 (JSPS)、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)など、AIの研究とイノベーションに携わる日本を代表する研究機関や専門家も参加します。

本イベントが、プロジェクトへ結びつく議論への鍵となり、また、今回集結する有識者を通し、参加者の皆様の共同研究や、日本・ドイツ・フランスの交流の一助となることを願っています。

 

Footer