コンテンツ - 研究ネットワークとクラスター

研究ネットワークとクラスター

Photo by WebWizzard

連邦政府はここ数年、新たな技術を推進するために、ネットワークやクラスターの形成を目的としたさまざまなプロジェクトを立ち上げてきました。産業界と学術界が研究開発活動を共有して活用し合うことにより、新技術が製品となって市場に出るまでのプロセスを加速することを目指しています。

ドイツ連邦教育研究省とドイツ連邦経済エネルギー省は「先端クラスター・コンペティション」、「ゴー・クラスター」、「アントレプレヌーリアル・リージョン」などの政策やコンペティションを通じて、地域性、研究テーマ、特定の応用分野や将来の市場に基づいたネットワークやクラスターの形成を推進しています。

特に工学、バイオテクノロジー、エネルギー・環境、化学・ナノテクノロジーなどの分野で、こうした取り組みを活発に行っています。

事例: リチウムイオン電池イノベーション・アライアンスLIB2015
リチウムイオン電池イノベーション・アライアンスLIB2015は、政府の支援を受けて産官学の約60のパートナーから構成されています。研究プロジェクトの15%(6,000万ユーロ)は政府から、85%(3億6,000万ユーロ)はBASF、ボッシュ、エボニック、LiTec、フォルクスワーゲンによるコンソーシアムから出資されています。政府の奨励策によって研究開発が促進されている一例です。ネットワークとクラスターの枠組みによって、国際的な研究協力にも貢献しています。

 

 

先端クラスター・コンペティション

先端クラスター・コンペティション」は、2007年にドイツ連邦教育研究省によってハイテク戦略の一環として始まりました。クラスターは企業、研究機関、政府によって構成され、産学連携の促進を目指しています。    

これまで3回の選考で15件の先端クラスターが選定されました(1回の選考につき5件)。2017年までの政府支援額は計6億ユーロで、政府と同額の投資を参加する企業が行います。


第1回 先端クラスター(2008年9月) 
バイオテクノロジー・クラスター ライン=ネッカー(BioRN) (英語) 
クール・シリコン (英語)
有機エレクトロニクス・フォーラム (英語) 
航空クラスター ハンブルク都市圏 (英語) 
ソーラーバレー 中部ドイツ (英語)   

第2回先端クラスター(2010年2月)
効率クラスター・ロジスティクス・ルール地方 (英語) 
メディカル・バレー (英語) 
マイクロテック・南西ドイツ (英語) 
ミュンヘン・バイオテック・クラスター (英語) 
ソフトウエア・クラスター (英語) 

第3回先端クラスター(2012年1月)
バイオエコノミー・クラスター (英語) 
個別免疫介入医療クラスター(Ci3) (英語)
南西ドイツ・エレクトロモビリティ (英語)  
it's OWL-インテリジェント・テクニカル・システム オストヴェストファーレンリッペ (英語)
MAIカーボン (英語) 

詳しくはこちら(英語)

ゴー・クラスター

ドイツ連邦経済技術省が2012年に開始した「ゴー・クラスター」プログラムには、ドイツ各地から94のクラスターが参加しています。これらのクラスターは、イノベーションの先駆けとなるもので、ドイツの様々な産業と技術力を反映しています。また、94のうち12のクラスターは、「ヨーロピアン・クラスター・エクセレンス・イニシアティブ」(ECEI)の、最高評価を得ており、そこには5,500社以上の中小企業、1,300社の大企業、1,500の高等教育機関と研究機関が関与しています。

「ゴー・クラスター」は、戦略プロセスや国際化、資金調達、参加グループの組織化などについてのセミナーや個別指導を通して、クラスター・マネジメントに必要な専門知識を開発するためのサポートを行っています。

さらに、ドイツ連邦経済技術省は、新たな高リスクのサービス戦略の策定と実施のために財政的な援助もしています。

「ゴー・クラスター」の参加メンバーの研究分野は、多岐に渡っています。バイオテクノロジー、健康・医学、運輸・モビリティ、材料技術・化学、製造・工学、航空、エネルギー・環境、情報通信、マイクロナノ・オプトテクノロジーなどが例にあげられます。とりわけこれらの分野において、産業分野との共同研究に焦点が当てられています。

詳しくはこちら(ドイツ語)

 

アントレプレヌーリアル・リージョン

「アントレプレヌーリアル・リージョン」(Entrepreneurial Regions)は、ドイツ連邦教育研究省によるドイツ東部のイノベーション政策です。さまざまな資金援助プログラムを通して、地域連携を支援し、核となる産業を高水準かつマーケット指向のクラスターに発展させています。すべてのプログラムは次の原則が守られています。横断的に思考し、協力し、戦略的に計画し、そして起業家精神を持って行動することです。

「アントレプレヌーリアル・リージョン」は、現在、ドイツ東部の州で7つの資金援助プログラムを提供しており、2019年までのドイツ連邦教育研究省からの研究予算総額は、約16億3,000万ユーロです。

一例に、地域企業5社とドレスデン工科大学の3研究所、イルメナウ工科大学による共同プロジェクト「LEANTEC」があります。環境に配慮した、エネルギー効率の良い従来のものよりも軽量のまったく新しい電機駆動装置を開発しました。「LEANTEC」の技術は、エレクトロモビリティや工学の分野において将来の需要を満たしており、マーケティング機会につながっています。

詳しくはこちら(英語)

 

ドイツ・クラスター・プラットフォーム

ドイツ連邦教育研究省とドイツ連邦経済技術省の共同のウェブサイトで、連邦政府と州政府によるクラスターへの支援政策の概要やイベント情報などを紹介しています。

詳しくはこちら(ドイツ語)

先端クラスター・コンペティション

ゴー・クラスター

アントレプレヌーリアル・リージョン

ドイツ・クラスター・プラットフォーム

 

フッター