コンテンツ - ドイツでの博士号取得

ドイツでの博士号取得

ドイツでは毎年約25,000人が、博士号を取得取得しています。これほど多くの博士号取得数は他の欧州諸国には見られません。またドイツで博士論文を執筆し、あるいはこの国で研究チームに加わり、博士号の取得を目指す外国からの若手研究者の数もますます増えています。1997年以来、このような外国人博士号取得志願者の数は二倍になりました。  

ドイツで博士号を取得する道は一つではありません。専攻分野、研究計画、大学のタイプにより、いろいろな方法があります。原則的には、指導教授の下で個人的に博士論文を執筆して博士号を取得する方法と、いわゆる「博士課程」に入学して博士号を取得する方法があります。最も一般的な方法は、指導教授の下で個人的に博士論文を執筆する方法ですが、「博士課程」で博士号を取得する人の数も増えています。  


ドイツで博士号を取得する理由

ドイツは世界でも有数の研究先進国です。学問と研究は、卓越したインフラ、多種多様な研究分野、設備の整った研究機関に支えられています。また外国からの博士号取得志願者のために多くの機関が助成プログラムを提供しています。

詳しくはこちら(英語)



指導教授の下で個人的に博士論文を執筆する方法

ドイツで博士号を取得する最も一般的な方法は、指導教授(いわゆる「ドクターファーザー」あるいは「ドクターマザー」)の下で、自立して博士論文を執筆する方法です。博士論文執筆は専攻分野により一人で、あるいは他の研究者と協同で行います。博士号取得志願者は、総合大学、大学外研究機関、あるいは企業など、研究を行う機関を自分で決定することができます。この方法で博士号を取得するのに必要な期間は、各人のスケジュールや、研究所での契約期間により異なりますが、一般的に3~5年です。

詳しくはこちら(英語)



博士課程に在籍して博士論文を執筆する方法

個人的に博士論文を執筆する方法の他に、英語圏のPhDコースのように博士課程に在籍して博士号を取得する方法もあります。この方法では指導教員チームが博士課程在籍者を指導します。博士課程ではカリキュラムが設けられており、また、学際的であることも多く、プレゼンテーション・テクニックなどの「ソフト・スキル」や、その他の技術の修得もサポートされます。博士課程では体系的かつ集中的な指導により、通常3~5年で博士号を取得することができます。

詳しくはこちら(英語)



PhD Germany – DAAD斡旋プラットフォーム

「PhD Germany」では、博士号取得を希望する外国人向けのプログラムを提供しているドイツの大学や研究機関を検索しできます。DAAD Portalを通じてオンラインで出願することが可能です。

詳しくはこちら(英語)



International Doctoral Programmes 2011

International Doctoral Programmesとは、ほぼ英語で行われる博士課程であり、カリキュラムや研究は国際的観点をもって構成されている、国内および海外の研究ネットワークに組み込まれている、外国からの博士号取得志願者に対して専門分野だけでなくそれ以外の点においてもプロフェッショナルなサポートが受けられるという特徴があります。

詳しくはこちら(英語)



要件と準備

ドイツで博士号取得を目指す前に、これまでの学歴の認定あるいは滞在許可申請等、注意しなければならない点があります。重要な要件および入念に準備を行うための情報がありますのでご参照ください。

詳しくはこちら(英語)



助成プログラム

ドイツは博士号取得を目指す外国人研究者に数多くの助成プログラムを提供しています。特に外国からの博士号取得志願者向けに奨学金を提供している最大の機関は、ドイツ学術交流会 (DAAD)です。

博士号取得志願者のための助成プログラムについての詳細情報:
DAAD奨学金データバンク
主な助成プログラム



留学費用の調達

ドイツでの博士号取得を経済的に支える方法としては、奨学金や助成プログラムの他にも、たとえば大学、企業あるいは大学以外の研究機関で仕事をするといった方法があります。

詳しくはこちら(英語) 

PhDジャーマニー

博士号取得を希望する外国人向けのプログラムを提供しているドイツの大学や研究機関を検索しできます。DAAD Portalを通じてオンラインで出願することが可能です。
リンク(英語)

 

フッター