Content - DWIH Tokyo Newsletter 06/2013

読者の皆様

6月18日、5回目を迎えたドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2013」授賞式が開催されました。最優秀賞を受賞した大阪大学谷口正輝教授へのインタビューのほか、ドイツ国内の科学技術に関連するニュースをお届けします。

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京

「ゴットフリード・ワグネル賞2013」 5名の受賞者を発表

2013年6月18日、ドイツ連邦共和国大使公邸にて第5回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2013」授賞式が開催され、5名の受賞者が発表されました。本賞は、日本の若手研究者支援と科学技術振興、そして日独の産学連携ネットワーク構築を目的として、ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)と在日ドイツ商工会議所、そして日本を研究開発の拠点としているドイツ企業10社が共催しています。応募対象は、環境・エネルギー、健康・医療、安心・安全の分野における応用志向型の研究で、今回は39の日本の大学・研究機関から91件の応募が集まりました。

詳しくはこちら

インタビュー 大阪大学 谷口正輝教授 オーダーメイド医療につながる技術を開発

2013年6月18日、第5回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2013」授賞式が行われました。その最優秀賞に輝いたのは、大阪大学産業科学研究所の谷口正輝教授です。同教授に、今回の受賞対象となった「1分子シークエンシング技術」の開発にまつわるお話を伺いました。

インタビュー内容はこちら

マックス・プランク協会と東京大学が統合炎症学研究センターを設立

炎症は、例えばバクテリアやウイルスによる感染、癌、アルツハイマー、糖尿病など、多くの様々な疾病に関係している。様々な炎症反応の研究を行うには、多様な専門領域の連携が必要である。このためマックス・プランク協会と東京大学は、新しい研究領域である統合的炎症研究を推進し、ネットワークをさらに強化しようとしている。両者が共同で統合的な炎症研究を行う、マックス・プランク協会-東京大学統合炎症学研究センターは、それぞれの組織の研究プロジェクトを連携させ、各研究領域間における情報交換を容易にする。マックス・プランク協会のペーター・グルス会長は、「炎症研究は、これから数年の医学研究において、中心的テーマの一つになるだろう。ただ、これまで個別に研究を進めてきた各専門領域が、連携を強める場合にのみ、炎症疾患の診断・治療は、今後改善されるだろう。」と述べている。マックス・プランク協会は、新しい研究センターの設立により、日本及びアジアの研究機関との協力をさらに強化する。

詳しくはこちら

ニュース

ライプツィヒ大学の心理学者が音知覚に関する重要要因を発見
ライプツィヒ大学の心理学者らが環境音の知覚に関する重要な要因を発見しました。同大学心理学研究所のエーリッヒ・シュローガー教授が率いる研究グループは、音が鳴らないときも、実際の音と同様の脳反応を引き起こす場合があることを明らかにしました。
詳しくはこちら

ドイツ連邦教育研究省が予防・栄養研究に関するアクションプランを発表
ドイツ連邦教育研究省は2013年6月4日、予防・栄養研究を推進するアクションプランを発表しました。ヨハンナ・ヴァンカ教育研究大臣は、「私たちは長寿社会に生きています。平均寿命が延び、また、生活や食習慣が変化したことによって、慢性病が増加しました。このアクションプランの目標は、人々の健康を増進し、高齢になっても生活の質を維持することです」と述べました。
詳しくはこちら

ベルリン医学研究所が開設
2013年6月18日、ベルリン医学研究所(BIG)の創設を祝し、ドイツ連邦教育研究省のヨハンナ・ヴァンカ大臣をはじめ、政界や学界からの多数の来賓が祝賀会に参加しました。ベルリン医学研究所は、マックス・デルブリュック分子医学センター(MDC)とフンボルト大学医学部付属病院であるシャリテ大学病院により共同で設立されました。
詳しくはこちら

ドイツの先端クラスターが炭素繊維の新たなリサイクル技術を開発
ドイツの先端クラスターの一つであるMAIカーボンのプロジェクトで、ドイツ企業と研究機関が、複合材料から炭素繊維をリサイクルするさまざまな方法を開発しています。炭素繊維は、製造コストが高く、製造の際に大量のエネルギーを必要とするため、比較的高価です。したがって炭素繊維のリサイクルは、できるだけ効率的に行う必要があります。新たに開発された方法は、炭素繊維を使用された同じ形状に、量の低下なしに回復します。このため、特性が最大限維持されます。
詳しくはこちら

ボッシュ・GSユアサ・三菱商事、次世代高性能リチウムイオン電池開発などで提携
ロバート・ボッシュGmbH 、株式会社 GSユアサ および三菱商事株式会社 は、次世代高性能リチウムイオン電池の開発に取り組むことで合意しました。3社が目指すのは、高度な電池制御技術と先進的な電気化学・素材技術を駆使し、電池のエネルギー蓄積容量を大幅に引き上げることです。それにより電池の重量と占有スペースを減らし、電気自動車の走行距離を延ばすことができます。
詳しくはこちら

「ドイツ幹細胞ネットワーク」を創設
2013年5月7日、ベルリンに「ドイツ幹細胞ネットワーク 」が創設されました。12の大学と研究機関が設立メンバーとなり、会長にはボン大学のオリバー・ブリュストル教授が選出されました。副会長には、ドイツがん研究センター(DKFZ) のアンドレアス・トルンプ教授が、役員にはヴュルツブルク大学のアルブレヒト・ミュラー教授が就任しました。事務所はマックス・デルブリュック分子医学センター(MDC) に置かれ、同センターのダニエル・ベサー博士がコーディネーターを務めます。ドイツ連邦教育研究省から当面30万ユーロ超の助成があります。
詳しくはこちら

お知らせ:「ドイツ・サイエンス・デー in 京都」 10月25日(金)~26日(土)

DWIH東京は、10月25日(金)~26日(土)に持続可能な発展に向けた研究をテーマに「ドイツ・サイエンス・デー in 京都」を京都大学で開催します。ドイツから大学、研究・助成機関、企業が多数参加し、シンポジウム、日独セミナー、助成金・奨学金説明会、ドイツ企業プレゼンテーション、オクトーバーフェストなどの催しを企画しています。詳細は近日中にホームページにて公開予定です。皆さまのお越しをお待ちしております。


Footer

URL of this site:

http://www.dwih-tokyo.jp/http://www.dwih-tokyo.jp/en/applikationen/newsletter/nl-jp/dwih-tokyo-newsletter-062013/?type=0