Content - DWIH Tokyo Newsletter 06/2011

読者の皆様

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京の第1回ニュースレターをお送りいたします。このニュースレターでは、ドイツの科学、イノベーションについての最新情報や当フォーラムの活動についてお知らせしていきます。皆様のお役に立てれば幸いです。

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム東京(DWIH東京)

ノーベル賞受賞者3人が日独化学シンポジウムで講演

2011年6月20日に「日本・ドイツ 化学シンポジウム」が東京工業大学にて開催されました。今年ノーベル賞受賞10周年を迎える野依良治 理化学研究所理事長、バリー・シャープレス 米国スクリプス研究所教授、2010年受賞の鈴木章 北海道大学名誉教授の3氏のノーベル賞受賞者を含む日独米の著名な化学者9氏による講演が行われ、大学・研究機関や企業からの参加者約400名を収容した会場は熱気に包まれました。  

本シンポジウムは、本年2011年が世界化学年(1911年のキューリー夫人のノーベル化学賞受賞から100年目)および日独交流150周年(1961年に日普修好通商条約締結)にあたることを記念して、日本化学会とドイツ化学会の主催で開催されました。また今年は、国際的評価の高いドイツ化学会誌『Angewandte(アンゲヴァンテ)Chemie International Edition』の創刊50周年、東京工業大学の創立130周年にあたり、ドイツの出版社WILEY-VCH社および東京工業大学も協力しています。

詳しくはこちら

アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 シュヴァルツ会長 特別インタビュー

「日本はドイツにとって重要なパートナーです」

日本・ドイツ化学シンポジウムの講演のために来日したベルリン工科大学ヘルムート・シュヴァルツ教授は、2008年からアレクサンダー・フォン・フンボルト財団(以下、フンボルト財団)の会長も務めています。シュヴァルツ会長に科学技術分野における日独関係についてお話を伺いました。

インタビュー内容はこちら

「ゴットフリード・ワグネル賞2010」 1等賞に京都大学物質-細胞統合システム拠点の上杉志成教授

2011年5月12日、第3回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2010」授賞式がドイツ連邦共和国大使公邸で開催されました。 1等賞には、京都大学物質-細胞統合システム拠点教授 上杉志成氏の「細胞治療を助ける化合物の開発」が選ばれました。上杉氏を含む5名の受賞者には賞金と副賞として最長2カ月間希望するドイツの大学・研究機関で研究活動ができる助成金が贈られました。本賞は2008年に若手研究者の支援を目的に創設されたものです。

詳しくはこちら

ニュース

ドイツ医学研究センター設立へ
39都市の120以上の大学・研究機関を連携させ、糖尿病、感染症、癌、神経変性疾患、心臓・循環器病、肺疾患の6領域のドイツ医学研究センターが設立されます。

太陽系物理学の博士課程奨学研究生募集
マックスプランク・ソーラーシステム研究所の「International Max Planck Research School on Physical Processes in the Solar System and Beyond」は、ブラウンシュヴァイク大学、ゲッティンゲン大学と共同で、博士号取得のための3年間の大学院プログラムを提供します。

理化学研究所と独・マックスプランク協会が連携研究センター設置、協定を締結
独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)とドイツ・マックスプランク協会(ペーター・グルス会長)は、化学を出発点にして生命現象の解明を目指すシステムズケミカルバイオロジー領域での連携強化のため、2011年4月27日、連携研究センターに関する協定を締結しました。

DWIH東京について

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム東京(DWIH東京)はドイツの学術研究機関および研究重視のドイツ企業を統括する日本における組織です。ドイツの学術研究機関と革新的な企業を結集し、日本の学術・産業界との関係を強化することを目的としています。   

DWIH東京は、日独の研究機関、大学、企業、さらには学術研究に興味を持つすべての人々のための窓口となる組織です。同時にパートナー機関の活動をサポートし、補足する役目も担っています。これらの目的を実現するために、ホームページを開設し、各種情報を提供します。またパートナー機関と共同でさまざまな催しを行います。   

DWIH東京は、ドイツ外務省とドイツ連邦教育研究省の構想と協賛のもと、ドイツ大学学長会議と在日ドイツ商工会議所により共同で立ち上げられました。

DWIH東京の活動内容はこちら

 

Footer